絵本のなる木

2児(両方男の子)の父が、毎晩の絵本読み聞かせを通して、おすすめ絵本を紹介していきます♪お楽しみに☆

きょうだいが999ひき

999ひきのきょうだいのはるですよ

999ひきのきょうだいのはるですよ

〈初めて読み聞かせした子どもの年齢〉
長男…5才6ヶ月
次男…2才11ヶ月

〈作者紹介〉
木村研さんは児童文学作家でありながら、おもちゃや遊びの研究分野でも活躍されています。絵本では本作を含む「999ひき」シリーズや「だいちゃんとてるてるじいさん」などがあります。
村上康成さんは沢山の絵本を手掛けており、当ブログで紹介させていただいた作家さんですと、「ふねなのね」の中川ひろたかさんとも多くの絵本を出されています。ボローニャ国際児童図書グラフィック賞、日本絵本大賞など受賞作も多いです。
伊豆高原にはなんと「村上康成美術館」があるそうですよ。

〈あらすじ〉
冬眠から覚めるカエルのおかあさんと999ひきのきょうだいたち。数えてみたら、998ひき。おねぼうさんの一番大きなお兄さんカエルはまだ寝てるみたい。おかあさんに「おきなさーい!」と起こされたお兄さんカエルは、今度は自分がみんなを冬眠から起こす番、と亀やトカゲと次々起こして行きます。
でもヘビさんには気をつけて…。

〈読んでみました〉
村上康成さんの絵はキャラクターがかわいいです。顔のわりに体が極端に小さく、独特な描きかたなので、本屋さんなどで見かけると一目で村上さんの絵本はわかります。
アングルにも凝ったところがあり、本作の亀さんとカエルたちで桜を見上げるシーンなどは、カエルたちと一緒に読むほうもうっとりします。

木村研さんの文はやや長いところもありますが、展開がわかりやすく、もうすぐ3才と年長組さんの子ども二人も楽しめる内容でした。

999ひきのきょうだいのお兄ちゃんを筆頭に、他の冬眠中の生き物たちを起こしていく内容となっていますが、一度読んで以降の読み聞かせからは、次に起こされるのは誰か「つぎはトカゲさんだよ」などとこどもたちであてっこをしていました。

亀じいさんやトカゲ、てんとう虫と起こしていくなかで、それぞれの生き物たちとカエルたちが、春の感じ方を共感していくところがいいな、と思います。
桜や、おなかで感じる石の暖かさ、菜の花。
虫や動物ではないけれど、読んでるほうも分かち合えるような感覚があります。なんだか心がほっとしました。

冬眠したばかりなのに、春の心地よさに早速お昼寝してしまうお兄ちゃんにもほのぼのします。春眠暁を覚えず、はカエルさんも一緒なんですね 笑。

〈ここが「木になる」〉
価値観が多様化する中で、みんなが共感できるものって少なくなったような気がします。でも実はすごくシンプルに、季節みたいに身近にあるもので充分共感できるんだよ、とカエルたちがそっと教えてくれているような気がしました。

生き物の種別を超えて、喜びを分かち合える春の訪れ。以前ご紹介させていただいた「はなをくんくん」を思い出しました。