絵本のなる木

2児(両方男の子)の父が、毎晩の絵本読み聞かせを通して、おすすめ絵本を紹介していきます♪お楽しみに☆

3才児のべんぴの行く末①

 f:id:hightree:20190720023756p:plain

 

わが家の末っ子3才児の次男坊。

 

うんちをガマンする癖があり、べんぴの日々を送っております。

 

今回はそんな次男くんの通院に至るまでの経緯と、受診時の阿鼻叫喚を記しておこうと思います。

 

 

次男くん、いつの間にか便意を催すと、ガマンするようになっていました。

 

それでも、最初のうちは2.3日でガマンしきれずに出していたのであまり気にしていませんでした。

(あ、ちなみにまだオムツくんですf(^_^))

 

それがだんだんと4日ごとになり、オイオイ大丈夫か?と思っていたら、現在は5日ごとです。

 

うんちが出ないとなにが大変か

うんちが出ないとなにが大変かって、それは本人の健康面はもちろんですが、ウチの次男くんに至って大変なのは…、

 

ヤ◯ザになるところです( ̄ヘ ̄メ)

 

これはホントに恐ろしいです😱

普段は末っ子パワーで「王さま」としてハバをきかしておりますが、そこに出口のないクレーム、もはやイチャモンですね。それが加わります。

 

次男くん「なみだでちゃった、ふいて💢」

私「はいはい」(ティッシュで拭く)

次男くん「ふきふきじゃない!ちょんちょんってふいて💢」

私「はいはい」(ちょんちょんと拭く)

次男くん「ちょんちょんじゃない💢ふきふき!」

 

…どうすりゃええねん…

f:id:hightree:20190719061806j:plain

わが家では上記のような次男くんの状態を「ヤ◯ザモード」と呼び、恐れられております(×_×)

 

あとは食欲が落ちることですね。

これもとても心配です。

 

べんぴ4日目の夕飯→パスタ2本

 

なんてこともあります。

 

こうなるともう家の中ではぐったりとしていることが多く、見ていて心配になります。

 

「うんち出したらラクになるよ」

「うんち出すのって、気持ちいいんだよ」

 

など声をかけますが、大抵「うんち出ないの💢」と怒られてしまいます。

 

本人的にはうんちを出すおしりの感触がイヤみたいです。

「おしりいたいの」

ともよく言っているので、ガマンしているうちに固くなってしまい、さらにうんちが出づらくなるという、負のスパイラルに陥っているようです。

そして、排便。もしくは出産

うんちをガマンしきれなくなると、ついに排便となるのですが、これが見ていてかわいいです 笑。
 
ウチだと、部屋のはじっこに行くか、テーブルの下に隠れるかして、顔を真っ赤にして「う~ん!」といきみます。まるで出産ですね 笑。
 
この際、あんまり見ていると「みちゃダメ!」と怒られるので、周りはなるたけ知らないそぶりで過ごします。
 
そんなに見られたくなければトイレに行けばいいのに、と声をかけるのですが、それはイヤみたいです(´Д`)
 
この出産、いや排便の場所ですが、家ならまぁいいのですが、外でも起こることなので、そうなるとまた大変です。
 
公園では人から離れ、人気のない公園の端で一人いきみます。
近寄ると怒られるので、とおまきに見ていますが、心配ですよねf(^_^)
 
いつぞやは兄の通院についていった病院の待合室にて。
 
この時は本当に耐え難かったのか、
 
「まずい!まずい!」
 
とおよそ3才児とは思えぬ言葉を絶叫しながら出産 笑。
3才児ながら、さすがに病院の待合室で出すのを「まずい!」と思っての発言なのか、ナゾです(@_@)

ついに病院へ

うんちを出してから2日ぐらいはご機嫌なのですが、だんだんとヤ◯ザ化していきます。そしてぐったりとして遊びも楽しめなくなってきて、こらえきれずに出産。
 
この繰り返しです。
 
この子の人生、うんちをガマンして終わってしまうのではないか。
 
そんなことを親が真剣に考え始めるほどになってきたので、小児科で診ていただくことにしました。
 
本人、車で通院なので、お出かけ気分でルンルン🎵でした。
 
しかし、診察室にて。
 
先生(次男くんのお腹を触診)「あー、これは大分つまってるね。浣腸しよう」
 
次男くん、だてにべんぴ歴長くありません。浣腸の経験はあります。
 
「かんちよーやだ」
と即反応。
 
始めはただの反射行為のように呟くように言っていましたが、チャクチャクと浣腸の準備を進めるドクターとナースの動きに、だんだんと事態を理解してきたようで、
 
「かんちよーやだー!」と大声になり、
 
父の「うんち出してから帰ろう」の声かけに、3才児なりに避けられぬことと察知したのか、
 
「かんちよーやだー!!」
 
と絶叫になりました。
 
無事浣腸が済むと、今度はお腹が痛くなったようで、
 
「ぎゃー!!」
 
とずっと泣いております。
その内泣き声が言葉に変わり、極めつけの名セリフ。
 
「だれかー!たすけてー!!」
 
父に抱っこされながらのこのセリフ(×_×)
まるで私は誘拐犯かなにかのよう。
( ̄ヘ ̄メ)
周りの視線がイタいです。。。
 
(私はこの子の父親ですよ  父親ですからね)
 
心の中で訴えながら必死に次男くんをあやし続けました。
 
しばらく叫び続けた後、大量の汗とともに出産。
先生もうんちを見て、これだけ出れば大丈夫、と言ってくださり、ようやく診察終了となりました。
 
次男くんもすっかりご機嫌で、ヤ◯ザから妖精へと見事なまでの変身を遂げられていました。

f:id:hightree:20190719210053p:plain

 
 
その際、処方された「モビコール」というお薬。
 
なかなかのお味でして、これを飲ませることにまた一悶着あるのですが…。
 
今日はここまでといたしましょう。
 
とりあえず、今のところ、次男くんのうんちをため込む癖は治って………………おりません! 笑。
 
続編をお待ち下さいm(__)m